挑戦を続ける中小企業の発展をサポートする。さいたまシティ法律事務所

企業法務・顧問サービス

主な企業向けサービス

各種企業の業種、規模、将来的な事業展開のビジョン等により、最適な法務態勢の構築は各種企業によって大きく異なります。さいたまシティ法律事務所では、お客様の業種、業態に応じた最適な法務戦略の構築を目指し、最新の法改正や判例のアップデート、実務の状況にも留意したリーガルサービスの提供を心がけております。
なお、こちらに掲載しているものは、当事務所が顧問業務として取り扱っている内容の一部です。これ以外のご相談も多数取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

このようなお悩みはありませんか?

顧問契約のメリット

(1)メール、チャットワークでの24時間対応をお約束

相談者の方には一度事務所に来ていただいておりますが、顧問先企業のお客様はそれが必要ありません。例えば、顧問契約を締結していただいている、あるお客様から、夕方に緊急でメールで契約書の作成の依頼があったため、その1時間後には作成の上、返送したという対応もありました。

(2)顧問先企業の優先対応

通常、法律相談は予約制となりますが、顧問先企業の皆様は優先対応です。チャット、メールでの即日対応はもとより、緊急な案件にも当日中に対応します。

(3)会社の信頼度が向上する

顧問弁護士の存在を対外的にアピールすることによって、取引先や顧客からの信頼度が向上します。コンプライアンス(法令遵守)に取り組んでいる会社ということで各種行政機関に対しても同様です。

(4)会社の実情に応じたアドバイスが可能

スポットでの相談となると、一から会社の事業内容、事業形態、そしてトラブル内容を説明する必要があります。しかし、顧問弁護士であればそういったことは必要なく、余計な説明は不要で、お客様のビジネスモデルに沿ったアドバイスが可能です。1分1秒も無断にすることがありません。

(5)顧問先割引

基本的には顧問料の範囲内で対応いたしますが、顧問料の範囲外でのスポット業務が必要になった場合、通常のスポットでのご依頼の場合よりも弁護士費用を割引いたします。

(6)各種相談がしやすい

顧問契約の範囲内であれば、企業におけるトラブルだけでなく、従業員やその家族の法律相談(一般民事、家事、刑事、少年等)にも応じます。

(7)セミナーや社内研修など、企業の課題に応じたセミナーを計画できる

豊富なセミナー研修の実績をもとに、社内での講師を担当します。

顧問料について

         

プラン 月額3万円プラン 月額5万円プラン 月額10万円プラン
プランの選び方 気軽に相談できる弁護士が欲しい 日常発生する法務案件のチェックしてもらいたい 交渉案件窓口になってもらいたい(訴訟別)
顧問弁護士表示
24 時間以内のメール、チャットでの回答約束
相談予約の優先対応
出張相談 × 〇(月1回上限) 〇(月3回上限)
社員・ご家族からの相談
夜間・休日の緊急相談 ×
契約書・利用規約
契約書のチェック 〇(月1通) 〇(月3通) 〇(制限なし)
契約書の作成 × 〇(月1通) 〇(制限なし)
債権回収(売掛金等)
交渉バックアップ(アドバイスのみ)
内容証明郵便での請求 × 〇(月1通) 〇(月3通)
相手方との直接交渉(交渉の代理人となる) × × 〇(ただし、訴訟は別)
人事労務管理(残業代・解雇等)
交渉バックアップ(アドバイスのみ)
社内体制構築 × ×
相手方との直接交渉(交渉の代理人となる) × × 〇(ただし、訴訟は別)
危機管理(反社対応を含む)
交渉バックアップ(アドバイスのみ)
社内体制構築 × ×
危機管理(反社対応を含む) × ×
個人情報保護対策
社内体制構築 × ×
事業承継
事業承継スキームの提案、バックアップ × ×
その他
専門家の紹介
社内研修講師 × × 〇(年1回)
スポット契約(代理人としての活動)
弁護士費用割引 3% 10% 15%
対応目安時間
対応目安時間 月2時間 月4時間 月9時間

よくある顧問契約についてのご質問の例

Q:改めて顧問契約のメリットは何とお考えですか

A:詳細は上記「顧問契約のメリット」のとおりですが、大きなメリットとして、「ビジネスの継続性」が挙げられます。スポット(単発)でのご相談の場合、ご相談の背景にある実情(会社、取引先に関する)や法的問題が生じている状況の把握に至るまで、時系列や人間関係等を踏まえる必要があるため、回答に至るまで一定の時間がかかる可能性があります。この点、顧問契約であれば、継続して事業に携わらせて頂くことになりますので、クライアント様の実情に沿った助言をスピーディに行うことができます。

Q:顧問契約を結んだ場合、どのくらいの日数で回答頂けますか

A:ご相談内容にもよりますが、原則として24時間以内には回答させていただいております。事案が複雑なご相談の場合は、もう少し日数を頂く場合がありますが、24時間以内には、一旦現在の状況をお伝えし、具体的な回答の目処をお伝えします。5万円プラン、10万円プランの場合は、休日などの緊急相談にも対応します。

Q:顧問契約を結んだ場合、弁護士との連絡手段はどうなりますか

A:電話、メール、ChatWorkなどを活用しています。ご相談の際は、予約を取る必要はなく、直接電話、メール等でご相談頂いて構いません。面談(ZOOMを含む)によるご相談の場合は、優先して予約をお取り頂けます(原則3日位内)。

Q:従業員の個人的な問題も相談できますか

A:勿論可能です。当事務所の顧問契約は、従業員様の個人的な問題についても、ご相談をお受けしており、荒生、蓼沼両弁護士とも、個人の方の法律問題についても多数の解決実績を有しております。過去には、相続、交通事故、離婚、金銭問題(債務整理)などについて、ご相談を承っております。

Q:さいたまシティ法律事務所で顧問契約を結ぶメリットは何ですか

A:弁護士荒生祐樹と弁護士蓼沼佳孝は、それぞれ得意とする分野が異なるため、幅広い法律問題に対応可能です。例えば、弁護士荒生祐樹は、中小企業の債権回収、電子商取引(いわゆるEC取引)、反社会的勢力対応を含むクレーマー対策、インターネット上の誹謗中傷問題、子どものいじめ問題、民間・行政機関の保有個人情報に関する問題を得意としており、一方で弁護士蓼沼佳孝は、特許庁での実務経験を有し、その経験を生かした特許権、著作権、商標権、意匠権などの知的財産権に関する対応はもとより、交通事故、使用者側の労働事件、などに特化しております。上記で挙げた分野は一例であり、また、どちらか一方の弁護士しか手がけないわけではなく、例えば、弁護士荒生が著作権や労働事件(使用者側)を手掛けることもあれば、弁護士蓼沼が債権回収やクレーマー対策を行うこともあります。また、両名が共同して受任することにより、株主総会・取締役対応、経営権争い、事業譲渡、倒産処理、事業承継などの複雑な法的紛争にも対応することができます。

Q:顧問先はどのような会社が多いですか

A:ITコンサルテイング会社、システム開発、建設業、建築業、不動産業、病院などの医療機関、保育園、物流会社など、多岐にわたります。

Q:顧問契約はどのように依頼すればよいのですか

A:下記の「顧問検討面談のお申し込み」からお申し込み下さい。

Q:顧問契約を締結してみたいですが、実際締結してみてどうなるか不安です。

A:顧問検討面談(ZOOM対応可)は無料です。また、実際に顧問契約締結に至った場合、契約月の顧問料は無料とさせていただいております。例えば、5月10日に顧問契約締結に至った場合、5月分(5月31日まで)の顧問料は無料です。やむを得ず、当該月内でご解約に至った場合は、費用はかかりませんので(もちろん、その場合でも当該月内であれば顧問契約に基づくご相談を頂くことは可能です)、ご興味をお持ちであれば、まずはお試し下さい。

Q:対応目安時間を超過した相談できないのですか

A:※各プラン毎の1ヶ月あたりの対応時間ですが、

月額3万円:2時間
月額5万円:4時間
月額10万円:9時間

が目安です。

この時間をオーバーしたら即ストップという厳格な運用ではなく、相談の少ない月が続いたら、その後の月で多少オーバーしても、対応するなど柔軟に対応しています。また、対応可能時間を調整するだけでなく、本来であれば顧問料とは別料金となる業務についても、別途費用を頂くことなく対応したことがありました。

例えば、実際の例ですが、3万円プランであれば、内容証明郵便の作成は顧問業務に含まれませんが(原則、顧問料とは別途費用がかかります)、相談の少ない月が続いていたなどの場合、顧問料とは別に費用を頂くことなく、内容証明郵便の作成に至ったということがありました。

5万円プランであれば契約書の作成は月1通までですが、相談の少ない月が続いていたなどの事情があれば、顧問料とは別に費用を頂くことなく、契約書の作成数を増やしたことがありました。

10万円プランでしばらくご相談がなかったケースでは、顧問料とは別に費用を頂くことなく、裁判手続き(訴訟)を行ったなどのケースがありました。

上記の1月あたりの目安時間ですが、当方のタイムチャージが通常事件の場合1時間3万円とさせて頂いており、それをベースに顧問であることを考慮して大幅にディスカウントした結果となります(いずれのプランも顧問の場合1時間2万円を超えません)。

各プランの顧問料に応じて、顧問業務としての対応可能な範囲が広がるとともに、上記のとおり対応可能時間も大幅に増えることから、3万円、5万円、10万円の顧問料に応じて、お得なプランとなっています。

顧問検討面談のお申込み(ZOOM対応可)

さいたまシティ法律事務所の顧問契約をご検討いただき、ありがとうございます。
下記フォームに必要事項を入力の上、送信してください。
後日、担当弁護士よりご連絡いたします。

(※の付いている項目は必須項目です)

会社名 ※
ご担当者名 ※
ふりがな ※
住所
電話番号 ※
メールアドレス ※
面談希望日

(記入例)2017年10月05日 14時から





相談内容 ※

個人情報の取り扱いについて

さいたまシティ法律事務所(以下、当事務所)は、個人情報保護の重要性を認識し、法令遵守し、最善の注意を払ってお客様の個人情報を保護することが社会的責務であると考え、お客様に安心し、また安全にご利用いただけるように当事務所のプライバシーポリシーを定め、それに従い、厳重に取り扱ってまいります。

1. 個人情報の利用について

当事務所では、お客様の同意のもと、氏名、メールアドレス、住所等の個人情報を収集させていただきます。これらの情報は、お客様が希望するサービス、情報の提供および本サイトをご利用する際にお客様の利便性を向上させるために利用させていただきます。

当事務所が収集するお客様の個人情報は、収集目的を明確にした上で、目的の範囲内に限ります。また、個人情報の利用は、その収集目的から逸脱しない範囲とします。

収集した個人情報は、同目的の範囲内で利用しており、お客様の事前承諾なしに目的外利用や第三者への提供は行いません。また個人情報に関する不正アクセス、紛失、改竄、漏洩を防ぐための適切な処置を行います。

当事務所は、当事務所が保有する個人情報に関して適用される法令、規範を遵守します。

当事務所は、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施します。

2. 個人情報の第三者への開示について

当事務所は、お客様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。当事務所では、本サイトを利用されたことに伴い取得した個人情報を、お客様の事前の同意なく第三者に対して開示することはありません。ただし、次の各号の場合には、お客様の事前の同意なく、当事務所はご依頼人様の個人情報を開示できるものとします。

●法令に基づき開示を求められた場合

●当事務所、他のお客様様またはその他の第三者の権利、利益、名誉、信用等を保護するために必要であると当事務所が判断した場合

●お客様が自身の個人情報の開示を事前承認した場合

3. 変更および通知について

当事務所はこの個人情報保護方針の内容を、事前の予告なく変更することがあります。お客様へその都度ご連絡はいたしかねますので、ご利用の際には本ページの最新の内容をご参照ください。

4. 個人情報の利用・提供の拒否に関するお問い合わせ

一旦当事務所にご提供いただいた個人情報について、利用を望まない場合や利用目的内での第三者への提供を望まない場合は、当事務所までお問い合わせください。


pagetop