挑戦を続ける中小企業の発展をサポートする。さいたまシティ法律事務所

弁護士紹介

弁護士 荒生 祐樹
(Yuki Arao)埼玉弁護士会所属(登録番号39858)

弁護士 荒生祐樹

  • 弁護士 荒生祐樹
  • 弁護士 荒生祐樹

中小企業法務との関わり

私は、弁護士登録後にさいたま市内の法律事務所にて勤務した後、2017年2月27日にさいたまシティ法律事務所を立ち上げました。一般民事から家事、刑事、そして企業法務まで、様々なジャンルの案件を多く手がけてきました。その中で特に興味深かったのが、中小企業に関する案件です。企業というと大企業を想像しがちですが、日本の9割の企業は中小企業であり、埼玉県は全国で5番目に中小企業が多い土地柄です。

また、さいたま市は人口が100万人を超える政令指定都市です。その土地柄もあり、会社設立、交渉及び訴訟、危機管理、労務管理、会社破産等を経験したことにより、ますます中小企業の案件に力を入れたいと感じるようになりました。中小企業の顧問業務や、破産管財人、清算人等を経験したこともきっかけの一つです。

日本を支えているのは中小企業と言っても過言ではありません。中小企業を法的側面から支え、中小企業の発展、ひいては、社会全体の発展に寄与したいと考えるようになりました。

当事務所のミッション

中小企業と一口に言っても、製造業、建設業、物流業、人材派遣業、ITサービス等様々な業種があります。それぞれの中小企業のニーズに合った助言・サービスを提供できるよう、日々最新の情報に留意して業務に励んでいます。その中でも特に私が力を入れているのは、紛争を未然に防ぐためのリスク管理の分野です。ビジネスの現場はスピードが命であり、停滞することは許されません。当事務所では、「紛争になってからではなく、紛争を未然に防ぐ」ことを第一の信条としています。問題が顕在化する前に「発見」し、将来の見通しを立てつつ、最善の「解決」を目指します。

注力分野

反社会的勢力対応を含む危機管理対策(クレーマー対策を含む)、事業再生、事業承継、倒産処理(法的整理及び私的整理を含みます)、リース契約(主にサプライヤー側)、個人情報保護、削除事件を含むIT関連など

経歴

2005年 立教大学法学部法学科卒業
2007年 立命館大学法科大学院修了、司法試験合格
2009年 弁護士登録
2017年 さいたまシティ法律事務所開設

会務・公職等

埼玉弁護士会 民事介入暴力対策委員会委員(2009年~)
民事介入暴力対策埼玉大会実行委員会委員(2009年)
関東弁護士連合会 民事介入暴力対策委員会委員(2014年~)
公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター相談員(2017年~)
埼玉県公共工事に係る暴力団等排除部会会員(2017年~)
埼玉県銀行警察連絡協議会幹事(2017年~)

その他の活動

経営革新等認定支援機関(2013年~)
立教大学法律相談センター担当(2014年~)
立命館大学東京法曹会幹事(2016年~)

著書・メデイア

「弁護士列伝」(弁護士ドットコム)
「弁護士CLUB」(第一法規)
『仮処分を活用した反社会的勢力対応の実務と書式』(埼玉弁護士会民事介入暴力対策委員会編・民事法研究会.2014)

弁護士 蓼沼 佳孝
(Yoshitaka Tatenuma)埼玉弁護士会所属(登録番号39787)

弁護士 蓼沼佳孝

  • 弁護士 蓼沼佳孝
  • 弁護士 蓼沼佳孝

私は弁護士として、これまで約10年間、幅広い業種の企業法務を中心に執務するとともに、顧問先のお客様個人の民事に関するご相談や法的争訟の対応等に努めてまいりました。

日々の業務においては、より高い専門性を身につけ、より高い質のリーガルサービスを提供することを信念としており、現在、特許庁の審判部でも勤務をしています。東京などの大都市部においては、知的財産への理解やサービスも広まりつつありますが、埼玉や北関東の中小企業においては、まだまだサービスが行き渡っていないのが現状です。

そのため、特許庁での経験とこれまでの企業顧問経験を生かし、企業財産となるノウハウやブランドを守るお手伝いをしていきたいと考えています。お話をじっくりとお伺いした上で、ご依頼者様の利益のために、全力を尽くします。

注力分野

企業法務、知的財産法、主に使用者側の人事労働事件、建築紛争、行政事件、民事事件など

経歴

2005年 東北大学法学部卒業
2007年 東北大学法科大学院修了、司法試験合格
2009年 弁護士登録
2017年 さいたまシティ法律事務所

所属委員会・公職等

埼玉弁護士会 常議員(2016年度、2017年度~)
経済産業省 特許庁 審判部審判課 審判決調査員(2017年~)

pagetop